ABCオーガニック official blog

完全無添加オーガニックコスメ【ABCオーガニック】の取り扱い商品レビューや美容情報を掲載

乾燥肌・敏感肌・背中ニキビの方に伝えたい!身体全体に関わる洗濯洗剤などの生活雑貨の見直し

 f:id:abc-organic:20181126093558j:plain

乾燥肌・敏感肌はお顔に限らず、身体も乾燥肌・敏感肌でつらい思いをしている方もいらっしゃると思います。

 

ABCオーガニックと言うオーガニックコスメのセレクトショップを始めたきっかけが、店長のニキビ肌・乾燥肌、スタッフである私の敏感肌の克服で、オーガニックコスメとの出合いでした。

 

でも、身体全体の乾燥肌・敏感肌・ニキビ肌はコスメだけではなく、身体全体に関わる洗濯洗剤などの生活雑貨の見直しや生活にもありました。

 

今日はこんな実体験に基づいた敏感肌・乾燥肌、さらには特に背中ニキビの生活雑貨のお話しをします。

 

肌に触れる洗濯洗剤・柔軟剤を見直す

 

前回の記事 オーガニックコスメにもある!肌バリア強化で保湿におすすめの「セラミドを作る植物」と「セラミドを含む植物」 - ABCオーガニック official blog

 

この中で、“長風呂・熱いお風呂はダメよ” などの肌の上層部にある肌バリア機能に関わるセラミドのお話をしましたが、乾燥肌・敏感肌・ニキビ肌に関わっているのが洗濯洗剤・柔軟剤の存在。

 

以前はケミカル原料を使用したア〇ックなどの洗濯洗剤や柔軟剤を使用していましたが、季節の変わり目になるとひどい敏感肌になり、こんなケミカル原料の中でも決まったモノしか使えないと思っていました。

ケミカル原料の現状を知るまでは・・・。

 

ところが、オーガニックコスメを含めたオーガニックの勉強をするうちに気が付いたんです。

 

いくらボディケアを含めたスキンケアでオーガニックコスメを使っていても、肌に1日じゅう触れている衣類や洗顔時に使っているタオルがケミカルづけで良いのかってことに!

 

特に柔軟剤は洗濯のすすぎの最後に入れて衣類に柔軟剤を残したままなので、衣類の風合いは良くなるものの、明らかに柔軟剤が衣類に残ってる。

 

そこで、まずは衣類などを洗っている洗濯洗剤を純石けんベースに変えて、柔軟剤を使うのをやめました。

 

コスメに限らず生活品もすべてオーガニックに変えられれば良いですが、生活品のオーガニックはお高いものが多くて、あれもこれもお金を掛けたくなかったんですね。

 

純石けんベースの洗濯洗剤は、古くからある石鹸メーカー ミヨシ石鹸で、無添加お肌のための洗濯用液体せっけんにしました。

 

f:id:abc-organic:20181126093031j:plain

原材料:

水 (機能維持成分)
純石けん分(脂肪酸カリウム) (洗浄成分)

 

詳しくはミヨシ石鹸へ↓↓

製品紹介|ミヨシ石鹸株式会社

 

石鹸の成分名にある脂肪酸ナトリウムは脂肪酸(油脂)と水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)を化学反応させたもので、脂肪酸(油脂)に水酸化カリウム(苛性カリ)を化学反応させたもの。

 

塩化カリウムを電解して得られる成分で、植物などのステアリン酸やラウリン酸などの脂肪酸と塩をつくることで石鹸素地にあたるもので、防腐剤などがまったく入っていない洗濯洗剤です。

 

ミヨシ石鹸の洗濯洗剤に限らず、スーパーやドラッグストアで 「無添加 純石けん」などと書かれているのが同様の洗濯洗剤になります。

 

最近は抗菌や風合い・香りを気にした洗濯洗剤・柔軟剤が多く、使い心地などを考えると魅力的ではあるのですが、その辺は肌重視でチョイスしています。

 

また、柔軟剤の代わりに繊維を柔らかくして抗菌作用のあるお酢をすすぎの最後に入れるのも良いです。

 

すすぎに入れるお酢は、30Lあたり15~30ml程度。

 

と言いながらも、純石けんベースの洗濯洗剤の風合いがひどいと感じたことがないので、お酢は使っていません。

 

乾燥肌・敏感肌なら身体を毎日洗わない

 

身体を毎日洗わないと不潔と思われそうですが、皮脂のことを考えると毎日洗う必要がない。

 

家族の中で一番の敏感肌の旦那様は月に1度くらいしか身体を洗わないのですが、敏感肌の方は毎日身体を洗わないです。

 

このことは私の息子が幼児期にひどい乾燥肌で、お風呂に入ると肌が粉ふき芋のようだったんですね。

 

そこで皮膚科に行った際に医師から教えてもらったことで、現在27歳になる息子は大学まで野球をやっていましたが、学生時代も身体はほぼ洗っていなかったです。

 

子供だから皮脂分泌が多いと言うのがあり、清潔を保つためにも身体は洗わなければいけないと思うのですが、アトピー肌気味の息子は肌バリアが弱く皮脂が足りない状態で、身体を洗う必要がなかったようです。

 

※個人差があるので参考までのお話です。

 

どんな保湿クリームより自分の天然保湿剤である “皮脂” を大切にします。

 

皮脂はぬるま湯に溶けるので、毎日お風呂に入っていれば自然と肌から取れて程良く肌に必要な皮脂が残ります。

 

それでも皮脂が足りないと言うのであれば保湿クリームを使えば良いのです。

 

敏感肌・乾燥肌の方は保湿だけの保湿クリームより、抗炎症に効果的なミツロウ入りの保湿クリームやシアバターがおすすめです。 

 

 

衣類は天然素材がベスト

 

肌への刺激を考えると衣類は天然素材は静電気も起こりにくく、肌のことを考えたら 綿・シルク・麻などがベストです。

 

とは言っても、最近はポリエステル入りなどの化学繊維の衣類が多いのが現状で、実際には上半身の肌に触れる衣類のみ 天然素材の綿を愛用しています。

 

記憶の限り、もともと1年じゅう下着はつけずに半袖Tシャツなのですが・・・ 笑

 

生活雑貨を見直した結果

 

まず最初に変化があったのは 店長の背中ニキビ

顔のニキビ同様、背中ニキビも皮脂に関係するのですが、衣類のよる肌への刺激が弱くなり、結果的に肌の乾燥がなくなってきたからかと思われます。
※肌の乾燥と皮脂のお話は長くなるのでここでは省略します。

背中ニキビでケミカル素材の専用クリームもありますが、ケミカルコスメがどうのと言うより前に、背中ニキビは自分でケアするのが大変なので、衣類に着目してみるのも良いと思います。

 

 次に、季節の変わり目に必ずなっていた旦那様の肩・背中・お腹の衣類が摩擦する部分のかぶれ・赤みがなくなりました。

 

肌に直に触れる素材は変えていないです。

個人差があるので絶対に良くなるとは言えませんが、大きな変化でした。

 

さらに、全身くまなく使っていたボディクリームを店長はまったく使わなくなりました。

 

これは洗濯洗剤などのおかげに加えて 保湿力の高いナーブルスソープを使うようになったからかも知れません。

 

ナーブルスソープの詳細はショップ内のこちら↓↓
オーガニックオリーブオイル石鹸【ナーブルスソープ】で肌バリア機能アップ/ABCオーガニック

レビューはブログ内のこちら↓↓
abc-organic.hatenablog.com

 

ボディーソープによっては皮脂の取り過ぎが懸念され、特に液体なので防腐剤が必要でしっかりと入っています。

また、逆に肌に優しいとなると汚れや皮脂が取れなくて、変に化学合成成分のポリマー系が肌を覆うことになります。

 

身体を洗った後に肌がヌルついていたらNGです!

 

オーガニック石鹸を身体に使うのをおすすめしますが、100歩までいかず10歩譲っても 石鹸はナチュラル石鹸が良いです。

 

敏感肌・乾燥肌の方はこちらの記事も参考になると思います↓↓
abc-organic.hatenablog.com

 

私はと言うと・・・

身体全体にボディクリームを使うことはないですが、年齢の出やすい首・手や、ひじなどにボディクリームを使っています(^-^;

 

自分の皮脂では足りないお年頃なので仕方なし・・・。

 

まとめ

 

洗濯洗剤・石鹸などの生活雑貨を見直して、いきなり変化が出るとは限りません。

 

でも、衣類やタオルは肌に直接触れるだけにスキンケア同様気を配りたい。

 

全身の敏感肌・乾燥肌、さらには背中ニキビでお悩みの方の参考になればと思います。

 

 

 完全無添加オーガニックコスメ セレクトショップ ABCオーガニック >>


abcオーガニック セレクトショップ
ブログランキングに参加中です!(^^)!
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ