ABCオーガニック official blog

完全無添加オーガニックでキャリーオーバーなしのコスメを厳選!

植物由来でも石油系!騙されない完全無添加オーガニックコスメのネットショップを貫きます

 

f:id:abc-organic:20181019085457j:plain

 

水、アロエベラ液汁+、マカデミア種子油*、オリーブ油脂肪酸セテアリル*、オリーブ油脂肪酸ソルビタン*、シア脂+、グリセリン*、ソルビトール*、フェノキシエタノールパンテノール*、ホホバ種子油*, キサンタンガム*、クエン酸Na*、デヒドロ酢酸Na、エチルヘキシルグリセリンカニナバラ種子エキス(ローズヒップオイル)+、 クエン酸*、 酢酸トコフェロール*、フィチン酸Na*、ローズマリー葉エキス+、ヒマワリ種子油*、レシチン*#、トコフェロール*

+認定オーガニック *植物由来 #GMOフリー

 

これはオーストラリアの某メーカーの化粧水の全成分で、オーガニックローションで販売されています。

 

成分にはオーガニックや植物由来などしっかり書かれていて、 

「お~、オーガニックや植物由来だから完全無添加?!」

と思いますよね。

 

ところが、植物由来に落とし穴が( ;∀;)

 

オリーブ油脂肪酸ソルビタン*

花マークがポチっとついているから植物由来なのですが、抽出する際に使っている溶剤が石油系なんですね。

 

合成界面活性剤、洗浄剤、乳化剤の目的で配合されているのですが、植物由来と聞けば石油系ではないと思ってしまいます。

 

これが「植物由来」のトリックと言いたい

 

ABCオーガニックのショップ内にも書いていますが、無添加と言うのは添加物を使っていないと言う意味ではなく、厚生労働省が指定した表示指定成分を使っていないだけで、添加物(石油系)は使われていても無添加

 

無添加が添加物(石油系税分)を使っていないと思わせている通り、植物由来にも言葉のトリックがあるのです。

 

化学的に作られた成分 石油系成分が肌に与える影響を考えると、自然が一番。

 

abc-organic.com

 

植物の中には肌に良いもの、悪いものがあるのは分かっていて、肌に良い影響を与えてくれるものを選び抜いてスキンケアに使えば良い。。。と言うわけです。

 

全成分表示に、ローズヒップエキス、ラベンダーエキスなどと書かれていればすぐに植物エキスだと分かりますが、こんな風にちょっと分からない成分はものすごく多いです。

 

ましてや、同じ名前でも植物か石油を溶剤に使ってるのがあり、メーカーの説明を見ないと完全無添加オーガニックなのか判断がつかないと言うのもあります。

 

石油系を嫌うのであれば、オーガニックコスメや無添加と書かれているだけでは不十分です。

 

日々完全無添加オーガニックコスメを探し求めていて、

「あぁ~、なんでフェノキシエタノール(石油系)だけ入れちゃったの( ;∀;)」と言うのもあります。

 

ただ、配合するには理由がある場合もあって、植物の防腐効果だけでは足りなくて、製品を腐らせず安心して使ってもらいたいからと言う思いからなんですね。

 

オーガニックのことをよく分かっていらっしゃるからこその結果と言う商品もあります。

 

とは言っても、完全無添加オーガニックコスメを探しているので、目はショボショボ状態ですが騙されない完全無添加オーガニックを探していきます!!

 

ブログランキングに参加中です!(^^)!
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
abcオーガニック セレクトショップ