ABCオーガニック official blog

完全無添加オーガニックでキャリーオーバーなしのコスメを厳選!

アルガンオイルの天然界面活性効果でクレンジングができるか水と乳化させてみた

f:id:abc-organic:20180912083206j:plain

 

昨日はオーガニックアルガンオイルの質の違いのお話をしましたが、今日はアルガンオイルの持っている天然成分での界面活性効果に注目してみました。

 

オーガニックコスメで化学合成成分(添加物)を使わずに、様々な植物の力を使って商品となっているのですが、その中でも難しいのが油分と水分を乳化させることです。

 

一般的な化粧品では合成界面活性剤を用いて乳化をしていますが、オーガニックコスメでは天然成分で界面活性剤の役割のあるものを使用しています。

 

そこで油分と水分の乳化と言えばメイクを落とすクレンジングで、アルガンオイルの持っている天然界面活性効果を確かめてみました。

 

関連記事

手絞りだからアルガンオイルの質が違う!【オーガニックフォレスト オーガニックアルガンオイル】口コミ - ABCオーガニック official blog

 

百分は一見に如かず

アルガンオイルに水をスポイトで入れてみて、アルガンオイルがどうなるかをチェックした写真です。

 

f:id:abc-organic:20180912084420j:plain

アルガンオイルのみ

 

f:id:abc-organic:20180912084459j:plain

アルガンオイルにスポイトで水を入れる

 

f:id:abc-organic:20180912084539j:plain

水もアルガンオイルも無色なのですごく分かりにくいですが、液体の右がアルガンオイルで左側が水になります。

 

実際には最初に入っていたアルガンオイルの上に半分だけ水が載った状態です。

 

これをスプーンでぐるぐると混ぜていると・・・

 

f:id:abc-organic:20180912084753j:plain

アルガンオイルと水が白濁してみごとに乳化!

 

水とアルガンオイルの量のバランスでか、アルガンオイルが残っているのもありますが、これは問題なし。

 

アルガンオイルは親和性が良くてクレンジングに使われていますが、アルガンオイル単体で本当に乳化できるを見たのは私も初めてです(^-^;

 

アルガンオイルは天然の界面活性剤の効果を持っているのがしっかりと分かりました。

 

ということは、アルガンオイルを使って油分であるメイクを浮かせ、ぬるま湯で乳化させればクレンジングができるということですね。

 

しかも、アルガンオイルは皮脂成分と同じオレイン酸を含んでいるので、毛穴に詰まった皮脂となじみが良く、毛穴の汚れをクリアにするのもお得意です。

 

abc-organic.com

 

ABCオーガニックで扱っているオーガニックフォレストのアルガンオイルは手絞りの品質の良いアルガンオイルで、お試しサイズ 3mL 540円(9/31まで送料無料)もあります。

 

一般的なオイルクレンジングは確かにメイクをオイルで浮かせることはできますが、このオイルを肌から剥がすための乳化剤(界面活性剤)が合成成分で強いものが多いです。

 

すべてとは言いませんが、クレンジング力が強ければ肌への負担が大きく、クレンジング力がそこそこの場合はクレンジング力が弱い。

 

その点、アルガンオイルの持っている天然界面活性効果を利用すれば、肌にも負担を掛けずにメイクを浮かせクレンジングができる。

 

となるのですが、実際にはクレンジングとしてメイクは落とせなかったです。

 

他社の商品によってはアルガンオイルでクレンジングができると書いてあるものもあるのですが、いかがなのでしょうか・・・。

 

いい加減なことを言うわけにもいかないので、オーガニックフォレストのアルガンオイルはクレンジングできないですが、美容オイルとしての品質は間違いがなく、美容オイルは美容オイルとして使った方が良いと言う結論にします!(^^)!

 

 

ブログランキングに参加中です!(^^)!
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
abcオーガニック セレクトショップ