ABCオーガニック official blog

完全無添加オーガニックでキャリーオーバーなしのコスメを厳選!

日焼け止めサプリで白髪が増える?!

f:id:abc-organic:20180813141931j:plain

日焼けは肌老化の原因となり、肌のたるみ・シワ・シミを作ることになってしまいます。

 

しかも、日焼けしてすぐにできるのではなく、若い頃に日焼けした肌が40代・50代になってシワ・シミなどとなって現れてくるから質が悪いです。

 

ガングロ・日焼けをした肌が格好いいとなっていた時代があり、現在40代の方で肌のたるみ・シワ・シミに悩んでいる方が増えていると言うのも耳にします。

 

ここ数年前から飲む日焼け止めサプリが販売され、肌に塗るより簡単で塗るタイプより持続力が高いので、飲む日焼け止めを愛用されている方も多くなってきたのではないでしょうか。

 

そこで、飲む日焼け止めでシミ対策に良いものの、美白成分によっては白髪が増えてしまう可能性があるのでお伝えしたいと思います。

 シミを作る大元のメラノサイトに、日焼け止めサプリがどう関わっているかが大切になります。

 

【美白成分】

L-システイン(L-シスチン)

・ニュートロックスサン

・カルテノイド(アスタキサンチンルテインリコピンなど)

・アルブチン

・ブランノール

・ザクロエキス(エラグ酸

 

ほかにも美白成分はたくさんありますが、スキンケアなどでも配合されていることが多く、美白に効果的な成分です。

 

このような美白成分で飲む日焼け止めに活用されていて、注意すべき成分がL-システインです。

 

L-システインメラニン生成を抑制するのに効果があって、確かにシミ対策には良いのですが、メラニン生成に関わっているのは肌だけではなく、髪の色素もメラニンであるってことなんですね。

 

肌に塗るのであれば、肌に塗った部分だけに効果を発揮してくれるのですが、飲む日焼け止めとなると、身体全体のメラニン色素生成に関係してくるので、長く使用することで白髪が増えてしまう可能性があります。

 

ストレスや栄養不足で毛根が血行不良や栄養不足になるとメラニンを作りにくくなり、白髪が増えます。

 

そこでメラニン生成を抑制する成分を飲めば、白髪増を加速させてしまうので、シミ対策として日焼け止めを飲むのであれば、L-システイン配合の日焼け止めサプリは避けた方が無難です。

 

また、同じ美白成分と言っても、メラニンを作るかどうかと言うより、抗酸化作用により肌の代謝をアップしてメラニンを肌の中(基底層)に残さない対策があるので、飲む日焼け止めを選ぶ時はどんなタイプの美白成分なのかチェックした方が良いです。

 

さらに、飲む日焼け止めは飲んでからすぐに効果を発揮してくれるのではないので、毎日飲み続けることが大切です。

 

これは私観になるのですが、飲む日焼け止めを飲んでいて肌の酸化によるダメージなどは阻止できても、肌を保湿すると言うことを考えると、飲む日焼け止めを飲んでいるからと過信せず、日焼けと保湿を兼ね備えた塗るタイプの日焼け止めも併用するか、肌の保湿には十分注意が必要だと思います。

 

ブログランキングに参加中です!(^^)!
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
abcオーガニック セレクトショップ